FC2ブログ
ナオト。's cafe
官能小説家ナオト。の、日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せめてもの小出し

連載中
でじたる書房「悪魔のささやき~寝取られ妻、真由香1~」
幻創文庫「だるまさんが転んだ」
先週は日本シリーズにどっぷり浸かってしまっていました。
小出しは決して気を持たせてるのではないです。
せめて、自分のケツを叩く意味で^^
■悪魔のささやき 二巻■②
 身の毛もよだつダミ声が脳髄に響くと同時に、全身がカッと熱くなった。あの灼熱の肉交が一瞬フラッシュバックし真由香は狼狽える。

「あれ、見たか?」

 矢崎の言う「あれ」。それこそが、問題だった。
 今日の午前、真由香宛に届いた宅配便。
 その小さな包みには、透明のケースに入れられた一枚のDVDが入っていた。ケースにはサインペンで「二人の記念」と書かれてあり、再生するや真由香は全身が震えたのだ。
 そう、悪魔はあの屈辱の情交を収めたビデオを、真由香に送りつけてきたのである。

「どういうつもりなんですか」
 努めて冷静に言葉を発したつもりだが、怒りで声が震える。言葉を覚え始めの真貴が、さっきから「ねーママー」と握りしめた手を揺する。

「どういうつもりも何も、あそこに書いてあったとおり記念だよ。よく撮れてただろ?」

 ぬけぬけと、よくも言える。許せない。大きく息を吸い込むも、薄ら笑いのダミ声はさらに続けた。

「あんだけ悦んでくれたら俺としても男冥利に尽きるってもんだ。あんたホントいいマ○コしてるぜ」
 思い出して今日も2~3回ヌイたところだ、などと下劣極まりない言葉を投げかけ、真由香は怒りとと羞ずかしさで頭がクラクラする。

「最低!卑劣よっ!」
 思わず大声をあげた真由香の横を、スーツ姿の中年男性が驚いた顔で通り過ぎた。
 真貴がベソをかいて真由香を見上げる。

「でさぁ、折入ってお願いがあるんだけど」
 嫌な予感が現実のものとなりつつあった。やはり弥生にすべて打ち明けるべきだったのか。

「…………」

「もう一回だけ、会ってくんないか?」

 暗黙の脅し…。
 東京メトロ、日比谷線へ向かう階段が、真由香には地獄の入り口のように映るのだった。
スポンサーサイト
[PR]

まだ少しかかります。

連載中
でじたる書房「悪魔のささやき~寝取られ妻、真由香1~」
幻創文庫「だるまさんが転んだ」
ご無沙汰しております。
寒くなりました。去年寒さの中ヤブヌマと格闘した状況に今年もなりそうです。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
そんなヤブヌマがDLsite.comでピックアップされてると教えていただいたので、ブログの更新も兼ねて。
「悪魔のささやき」がいいかげん、「お前いいかげんにせーよ」状態だと思います。。
しかしどうにもこうにも、しっちゃかめっちゃかなことになっており、本当にすみません。
思えば「悪魔」は、とあるサイトである方の投稿を読みたいがために、その氏とのメールのやりとりで書き始めたのでした。
言い訳はこの辺にして、とりあえず二巻導入部あたりだけでも。。
まだ少し、というか、いつと言えない状況ですがお許しください。



悪魔のささやき 第二巻

「いってらっしゃい!」
「うん、行ってくる」

 玄関で真貴と一緒に貴彦を見送った、今朝の光景を思い出す。照れくさそうに一瞬だけこちらを向く、新婚当時から変わらぬ夫の癖。
 しかし気のせいだろうか、以前の貴彦との微妙な違いを、真由香は感じる。どこかよそよそしさがないか。根拠などないが、ただ漠然と感じるのである。

(きっと自分の思い過ごしだ)

 おかしいのは貴彦ではなく自分のほうだと真由香は自らに言い聞かせた。実際あの日から自分の記憶すらはっきりしない。
 
 あの日…。
 
 そう、自分が悪魔に心を売った日のことである。
 あれから一週間が過ぎていた。

「真由香!」

「真由香ってば!」

 はっと顔を上げると懐かしい顔が怪訝そうにこちらをみつめていた。
「もう、どしたの?さっきから、まるで魂が抜けちゃったみたいよ」
 うりざね顔の眉間に皺を寄せ、尾崎弥生は口を尖らせてそう言うと、真由香の隣りにちょこんと腰掛けプリンを食べている真貴の頬をナプキンで拭いてやる。
「真貴ちゃん、おいし?ママおかしいよね~」

 都内のファミリーレストラン。日除けのカーテン越しに、プラタナスの緑が揺れている。
 真由香は中学時代からの親友である弥生を訪ねていた。

「言いなさい、真由香。何かあったんでしょ?」
 弥生は同い年ながら、昔から姉のような頼もしさがあった。言葉を交わさなくても何となく異変を感じるのだろう。

「旦那が浮気したとか?」

 思わず息を飲んだ。

「えっ?嘘でしょ!」
 弥生が大きな声を出すので慌てて否定する。

 やはりどうしても言えない。
 弥生でもやはり話せない。
 藁にもすがる思いでこうして彼女を訪ねたのだが、本当は誰かに心配して欲しかっただけなのだろうか。
 
 今までは貴彦に何でも話してきた。
 悩みがあったら、まず貴彦に話した。
 懐かしい友人に会っても、貴彦に秘密を作ってしまったことを再確認するばかりで、思わず涙がこぼれた。

「真由香?」
「・・・・ごめん」
「言えないの?」
 真貴も幼い瞳で心配そうに母親を見つめている。
「弥生、ありがとう・・・大丈夫」
 弥生はしばらく黙って切れ長の瞳を真由香に向けていたが、やがて静かに、しかし強い口調で言った。

「わかった。でも、どうしようもなくなったら私には話して」
「ありがとう・・」
「それから、」
 ちらりと真貴に視線を送ってから念を押した。

「真貴ちゃんを第一に考えるんだよ。いい?」
 弥生が握ってくれた手を真由香は握り返した。強くならなきゃいけない。自分は母親。自分に言い聞かせる他ないのだ。

 暗い海の中でも、一筋の光に向かって這い上がらねばならぬ。新たにそう決意した真由香の心を、再び悪魔は地獄へ突き落とす。
 真由香の携帯に天城蒼雲、いや矢崎周次から電話が入ったのは、弥生と別れ、地下鉄三ノ輪駅の階段を下りようとしたときだ。
 これで四度目である。
 最初に電話があったのは矢崎に陵辱された翌日の午後。そして昨日の朝と、今朝。いずれも真由香は無言で電話を切った。
 娘の手をしっかり握ったまま片手で籐のバッグを肩に掛け直し、携帯を取り出した。
(強く、ならなきゃ)
 大きく深呼吸して、通話ボタンを押した。

「おっ、今日は外か。出かける元気が出りゃ、もう大丈夫だ」


フリーエリア

フリーエリア

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

naoteather

Author:naoteather
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

リンク

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。