FC2ブログ
ナオト。's cafe
官能小説家ナオト。の、日々雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤブ2、裏話。

でじたる書房「悪魔のささやき~寝取られ妻、真由香1~」
幻創文庫「ダイヤモンドでつかまえて」
現在新作漫画を制作中です。
現時点で120ページくらいになってしまっていて、いい加減うんざりしています。
何でこんなことになってしまったのか。笑
ちょっと気分転換に、ヤブヌマ2についての裏話でも。
裏話というほどでもないですが、ヒロイン咲美の音声について。
テキストを仕上げて、セリフを声優さんにお渡しするとき、
こちらの要望(演出)というのを添えます。
ここはこんな感じで、とか、ここは小さな声で、とか。
制作する場合、自分も興奮出来なきゃ駄目だと思ってるので、自然に細かい要求になってしまいます。
例えば智と咲美のエッチシーンなどは、
「ここは咲美は感じてないけど、智に感じてると思わせるようにお願いします。
イクってときは全く感じてない状態と思ってくださって結構です。全然イッてないんです」
このへんはNTRの場合、演出としては多少あるかも知れません。
しかし、今振り返ってみても自分でも訳の分からない要求してたな、と思うのは、
「ここの智への『おかえり』のくだりは、ヤブとの情交後ですからその気分でお願いします。
でも絶対普段と変わりない対応でお願いします。絶対情交してきたなんて智にバレないように。
全く普段通りでお願いします」
これは声優さんからしたら多分すごくややこしい要求だと思います。笑
フェラシーンなんかではこんな要求もしました。
「なるべく音をたてないように。舌を使ってるとき音なんか出ないはずですから。無音でいいんです」
こんなのとても困ると思います。笑
実際、中々難しい面もありした。しかし、音声についてはまだまだ無限の可能性があると思っています。
最後の海辺で貝殻を海に投げながら、っていう演技もとても上手に演じていただき、結果大満足です。
咲美らしい瑞々しい声をあてていただき大感謝です。
さて、それでは再び漫画制作に戻ります。気持ちは次のゲームに早く取り掛かりたくて仕方ありません。
※追伸、前記事のプチ達さんへの返信が、何故かプチ達たんとなってしまいました。お詫びして訂正いたします。笑20151117_20151117185619383.jpg

制作状況。

でじたる書房「悪魔のささやき~寝取られ妻、真由香1~」
幻創文庫「ダイヤモンドでつかまえて」
ご無沙汰し過ぎております。放置状態で本当にすみません。
現在漫画作品を描いております。
当ブログで何度か書いたゲームを、より良くするために漫画を挟むことにしたのですが、
描きはじめると長くなるわ、勘は鈍るわ、絵は相変わらず下手だわ。
夏前に完成見込みと言いながら。。。
とりあえず少し光が見えてきました。ラフデッサンですが、貼っておきます。
いつもコメントくださり、お返事も遅れ本当に申し訳ありません。頑張ります。
キャラ設定を追加します。
キャラ設定
blig0918.jpg

聞こえなかった部分の会話。

でじたる書房「悪魔のささやき~寝取られ妻、真由香1~」
幻創文庫「ダイヤモンドでつかまえて」
新作に向けて、ほんの少しずつですが筆を進めています。
内容についてのお知らせは、まだまだ先になると思います。
でも、必ずいいものになると自分に言い聞かせています。笑
さて、先日コメントでヤブ2の「聞こえなかった会話」についてのご要望がありましたので、
作品をプレイされた方で興味ある方は聞いてみてください(未プレイの方は以下ネタバレかも)。
咲美『どうしようほんとに…』
藪沼『ま~だ言ってるもう(笑)』
咲美『はあ~信じられない、なんで…?』
藪沼『こっち向いて』
咲美「いいですっ…」
藪沼『まだ嫌ってる?』
咲美「やだ」
藪沼『ラブホ入ってんのに?つーかさ、実は今日、この前の下着持ってきた』
咲美『ええっ?もうやですっ』
藪沼『なんで?…似合ってたよ。ちょっと待って』
何か会話しているのは聞こえる。しかし何を言っているのか全然分からなかった。そしてそれが逆に、とてつもなく切なく、辛く、また淫靡だった。
一番応えるのは、会話に醸し出される二人の気安い雰囲気である。
あの咲美と藪沼が、こんなにもくだけて語っている。肉体を幾度も交えた者同士の、独特の親密さ、近しさを感じる。
あの下種な男と、睦言めいた会話を、あの咲美がしているのだ。

藪沼『ほれ、ねえ着てみて。あっ!初めてレースのパンツっ、どしたの浅岡ちゃん?』
咲美『べ、別に…こういうのもありますっ、ちょっ…何どんどん脱がせて…』
藪沼『ひょっとしてヤル気満々だったりした?』
咲美「もうっ、違いますっ」
藪沼『ハハハ怒んない怒んない』
無人の薄暗い画面を観ながら、夫である自分は陰茎を握っている。
何と間抜けで憐れな状況だろうか。
やがて二人の妖しい会話に、咲美の喘ぎ声が混じり始めた。

咲美「はっ…ふっ、んっ、はっ…」
藪沼『すごいよ、すごい濡れてる、浅岡ちゃ、咲美…。う~ん、どうしても浅岡ちゃんって癖が抜けないなぁ』
咲美『はぁあっ…べっ、別に浅岡のっ、ままでいいですっ…あっ、ああっ』
絵が見えず、音しか聞こえないことがかえって焦燥感と嫉妬を増幅させた。
主人公(何をやってる。早くカメラを直せ!)
叫びたくとも、当然これはすでに過去のことだった。

藪沼『ああ、夢みたいだな~しかし。咲美って呼べる日がくるなんて』
咲美「あっ、はっ、あぁっ、やぁあっ、ああっ」
藪沼『もう、全然濡れてるから入れちゃうよ』
咲美「あっあっ、あっ、はっ、はっ、ぁあっ」
藪沼『しかしこの下着エロいよ。すごい似合ってる。
入れるよほら、脚ちゃんと開いて。大丈夫、もう痛くないから。
つーか今度ピンクの着てきてよ。ほら入れるよ』

咲美『や、やだっ…着てこなっ、やっんっ、えっ、ああっ』
藪沼『ほらもう半分入ったぞ、うん、そうそう!奥までいくよ、ほら』
パンッ、パンッ、パンッ。
突然、肉を打ちつける音が聞こえた。
間違いない。
咲美は今、挿入されたのだ。
パンッ、パンッ、パンッ、パンッ、パンッ。

咲美「ぁあっ、はぁあっ、ああっ、やっ、ああっ、ぁぁっ、ああっ…」
見せろ。藪沼、映せ、カメラを移動させろ。
苛立ちに歯軋りしながら、手は止まらない。下腹部は張り詰め、すぐにも発射しそうだった。

以上です。
音声もあるんですが、何だかリンクの貼り方がワケ分からなくなって…ごめんなさい。

↓まむしさんからご指摘ありました。あと二行残ってました。笑
藪沼『あああ、すっご、何コレ浅岡ちゃん、トロトロになってるぞ』
咲美「やぁっ…、ぁんっ」

短編読みきり。

でじたる書房「悪魔のささやき~寝取られ妻、真由香1~」
幻創文庫「ダイヤモンドでつかまえて」
kabukityou006[1]
早いものでもう師走です。
さて、前回の記事で予告しましたが、幻創文庫さんで短編の読みきりを書かせていただきました。
11月中と言っておきながらギリギリ過ぎてすみません。
タイトルは「同窓会」。
書き終わって気づいたのですが、エロ無し(泣)。
舞台は上の写真のとおりです。
もしお時間ある方は読んでみてください。
こちらから

ヤブヌマ2、マスターアップしました!

でじたる書房「悪魔のささやき~寝取られ妻、真由香1~」
幻創文庫「ダイヤモンドでつかまえて」
メイン
ようやくヤブヌマ2出来ました!
遅れて申し訳ありません。
それからコメント、なかなか返せずすみません。
落ち着きましたら返信致します。とりあえずご報告まで。
最後の最後まで、ほんとに油断出来ませんでした。笑

★再追記
DMMさんはプロテクトの問題で販売できなくなりました。
申し訳ありません。
gyuttoさんのほうは27日0:00より発売だそうです。よろしくお願いいたします。
★追記
たくさんの方にご購入いただき、本当にありがとうございます。
まもなくDMM、gyuttoのほうでも発売になると思います。
感想については見事に両極端な感じです。笑
作り手としては自分が納得出来たかどうかが全てだと思います。
そういう意味ではヤブ2について、自分はすごく納得しています。
次回作に向けて頑張ります。本当にありがとうございました。

フリーエリア

フリーエリア

リンク

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

naoteather

Author:naoteather
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

リンク

リンク

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。